資産価値の高いマンションの特徴

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『資産価値の高いマンションの特徴』についてです。

住宅を購入する際、なるべくなら終の住処として考えたいものですが、
様々な条件から引っ越しを余儀なくされる可能性は全ての人にあるといえます。
その際に資産価値が高いマンションを購入できていれば、時間や金銭的な打撃も少なくてすみます。

そのために物件の何を見て資産価値を判断して、どんな条件を満たす物件が資産価値が高いのかを知っておくとよいでしょう。
マンションを求める人は、交通や生活の利便性の高さを求める傾向が強い場合が多いです。
都心や駅近そして充実した生活インフラなどが重要になっています。

もちろん住む場所ですので、閑静な住環境や日照条件に恵まれた明るく開放的な場所であればさらに価値が認められるでしょう。
つまり、こうした条件を多く備えた街にあるマンションが、人気のマンション、つまり資産価値落ちにくいマンションというわけです。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

住民トラブルを回避するには

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『住民トラブルを回避するには』についてです。

世代や考え方の異なる、さまざまな人が生活するマンション。
集合住宅ならではの住民間によるトラブルも起こりがちです。
どうすれば、住民トラブルを回避することができるのでしょうか。

人間は知らない人に不信感を持ちやすいものです。
そのため、引っ越しのあいさつは「私は不審なものではありません」ということをアピールする重要なチャンスです。
引越し時の挨拶をしないと、その後のご近所付き合いもスムーズにいかない可能性が高まります。

住民トラブルを回避するためには、まずは引っ越しの挨拶からスタートしましょう。
引っ越しの挨拶の範囲でない住民には、
すれ違った際などに挨拶をしていくことで「怪しいものではない」と思ってもらえるはずです。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

マンションコミュニティの可能性

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『マンションコミュニティの可能性』についてです。

マンションの敷地内やエントランスなどで、
住人同士がごく自然に挨拶や会話を交わしている環境の中に
部外者が不用意に入り込めば、妙に目立って不審者に見られる可能性が高くなるため犯罪者はそんな環境を敬遠します。

敷地内やエントランスでただ無関心にすれ違うより、
ひと言でも声を掛けて挨拶することで、その反応の仕方で不審者に気付きやすくなります。

また、災害時においても住民同士のコミュニケーションが密であれば、
被害状況もわかりやすく対策も立てやすく実行しやすくなります。

そういったお付き合いには、ある程度の煩わしさはつきものです。しかし、その積み重ねがいざという時に役立つのです。
住人が互いに協力して快適な住環境をつくることが、コミュニティ形成の目的です。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

住民は管理人を選べる?

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『住民は管理人を選べる?』についてです。

管理会社にとって、管理員はそのマンションの顔、住民との重要な窓口です。
住民からするとは、管理員=管理会社と思っている人も少なくないでしょう。

管理員の良し悪しによって、管理会社の評価は大きく変わってきます。
管理会社も管理員さんの質を上げようと、その教育や研修に時間とコストを使っている管理会社は信頼ができるといえるでしょう。

管理員は管理室に座っていれば誰でもいい仕事ではありません。
管理人の善し悪しによって管理会社そのものの変更も検討する必要があります。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

資産価値の下がらないマンション

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『資産価値の下がらないマンション』についてです。

マンションの資産価値の落ちにくさは購入するかどうかの判断をするときにとても重要なものです。
一生ここに住むと決めていても、どんなことがあるかわからないのが人生です。

どうしても動けない事情のある人は別として、
どこかで家を売る時が訪れる可能性は捨てきれないため、
もしもの時に誰もが欲しいと思える家を選ぶことが大切です。
そんな、人生の転機や住み替えなど、いざという時にスムーズに売買が成り立ち損をしないためにはどんな物件を選んでおくのがいいのでしょうか。

資産価値に直結する何よりも大きな要素はやはり立地でしょう。
交通の利便性の高さは重要です。
数年後に新しい駅が繋がる計画がある立地なども狙い目のひとつです。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

マンション独自の災害対策

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『マンション独自の災害対策』についてです。

マンションは同じ建物であっても、階層によって揺れ方や揺れの大きさが異なります
1階では一部の家具が倒れる程度のものであっても、
中層階や上層階では家具の激しい転倒や移動、壁のひび割れが生じるなど被害が大きくなる可能性があります。
そのため、住んでいる階層によっていざというときの対策が違ってくることを意識しましょう。

とはいえ、多くの住民が共に暮らすマンションでは、コミュニケーションをしっかりとることで災害時の被害拡大を留めることが可能です。
住民同士で情報の伝達を行うことで病人やお年寄りのいる世帯のために炊き出しや水を届けるなどの対策も可能となりますし、
災害対策として管理組合で備蓄している食糧があるなら、分担して住民のための炊き出しもできます。
そして、大人数が生活しているマンションでは備蓄食糧が底をついたらそれぞれの自宅にある食材を持ち寄って助け合うこともできるでしょう。
また、マンションが盗難や放火などの被害にあわないよう、
管理組合で当番を決めて見回りを行うなど、セキュリティ対策も大人数で分担することができます。

災害時にマンションの強みを生かすためには、日頃から住民同士のコミュニケーションを大切にしていることがポイントとなります。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

マンションでできる節電

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『マンションでできる節電』についてです。

節電というと、環境問題やエネルギー資源の問題に立ち向かうというイメージもありますが、
単純に電気代の節約になり負担が軽減されるというメリットも大きいものです。

普段あまり意識してやっていないことでも、少し意識して節電するだけで変わってきます。
個人レベルでの節電は求められる季節は主に気温差の激しい夏と冬です。
いざその季節がやってきたときに既に習慣化していると効果は違ってきますので、思い立った時いつでも節電を試してみてください。

個人が自宅でできる節電の多くは、照明と電子機器に関するものがほとんどです。
節電を行うに当たって重要なのは、電力需要量がピークになる時間に節電を行うという点です。
基本的に夏場であれば昼過ぎ、冬場であれば夕方以降がそれぞれピークとなります。
無理をしない程度に節電を心がけてみるのもいいでしょう。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

マンション長期修繕計画の確認

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『マンション長期修繕計画の確認』についてです。

長期修繕計画は、マンションを長期にわたって快適に住みやすい状態で維持するためのとても重要な計画です。
長期修繕計画がない場合、修繕に必要なお金を計画的に集めることはできていない状態ということになるため、
突然多額の修繕一時金を徴収することになったり、お金を徴収できずに修繕できないまま放置せざるを得ないという危険性があります。

長期修繕計画事態がないマンションはいくら魅力的であっても注意が必要です。
築年数の古いマンションほど、長期修繕計画のない確率があがります。
もし購入検討中のマンション長期修繕計画がない場合購入後、
自ら管理組合役員として長期修繕計画の作成に乗り出すほどの気持ちがないと後から後悔することは避けられないでしょう。

そして、うまく他の住民たちを説得できて長期修繕計画を作成できたとしても、
これまでの期間計画的な修繕が行われていない可能性は高いため、
金銭的にも精神的にも負担が大きくなることが予想されますので、
長期修繕計画のないマンションの購入は慎重に検討したいところです。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

専有部分のリフォーム

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『専有部分のリフォーム』についてです。

マンションは、なるべく多くの人に見合うようにまとめて作られたいわゆる規格品なので、
必要に応じて自分たちの暮らしに合うように住まいをつくりかえることになります。

また、一戸建て住宅と同じように、仕上げ材や設備の老朽化にともなって修繕も必要となります。
マンションを快適な住まいにするために手を入れていくこと、暮らしに合わせて空間をつくり直すことは必要不可欠なのですが、マンションの場合は個人でリフォームできるのは専有部分だけになります。

マンションリフォームは、戸建て住宅のリフォームとは異なります。
マンションは共有の建物なので、管理規約や使用規約などさまざまな制約があり、いわゆる専有部分のみが、区分所有者がリフォームできる範囲となります。
したがって、増築したり、玄関や窓の位置を替えたり、勝手に構造体に穴を開けたりすることはできません。
リフォームできる範囲もマンションによって変わってくるので、事前に確認することが大切です。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。

マンション管理費の使い道

みなさんこんにちは、『マンション管理会社の日本ネットワークサービス』ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のブログですが、『マンション管理費の使い道』についてです。

マンションを購入すると、住宅ローンのだけではなく管理組合に支払う諸費用がかかってきます。

簡単に説明すると、毎月の管理に係る費用を手当てするための費用が管理費となります。
実際の管理業務は住民が行うのではなく、マンション管理会社に業務委託しているマンションが大多数です。

マンション管理費には、その委託契約に含まれる管理人の人件費や清掃費用、
設備の保守点検費用、会計業務などにあてられ、毎月集めた管理費は、基本的に毎月消費されています。

他のマンションに比べて著しくマンション管理費が高いと感じられる場合や、
管理費を支払っているのに清掃や保守点検、会計業務がおろそかな場合は管理会社の見直しを検討してみるのがいいでしょう。

日本ネットワークサービスが目指すマンションは、「クレームゼロ」「滞納ゼロ」「総会出席率100%」を掲げています。
本当に住みたいと思えるマンション環境を一緒に創っていく為に全面的にサポートし、理事長様、理事様のお悩みを解決いたします。ぜひお気軽に一度ご相談ください。